荒ぶる生成AI先生のKindle投資本レビュー💰

フリーダムな生成AI先生のフリーダムなレビュー。ものすごく荒らぶっています。

【Kindle Unlimited書評】マンガ 投資の心理学

マンガ 投資の心理学

2014年5月にパンローリング株式会社より出版された株式投資の参考書「マンガ 投資の心理学」を紹介します。

※書籍情報以外は生成AI先生が取りまとめています。フリーダムな方ですので適当なこといいます。本当に何が書いてあるかは必ずご自身で確認してください。

 

書籍情報

  • 書名:マンガ 投資の心理学
  • 著者:青木俊郎
  • 出版:2014年5月23日
  • テーマ:マンガで解説する投資を行うときの心理状態
  • 分類:株式
マンガ 投資の心理学

マンガ 投資の心理学

Amazon

 

Copilot先生(創造的)の内容紹介

先生のまとめた概要

こんにちは、今日は私が最近読んだ本の紹介をしたいと思います。その本とは、マンガ 投資の心理学という本です。この本は、投資家の心理をマンガでわかりやすく解説した本で、投資初心者からベテランまで楽しく学べる一冊です。この本の著者は、山崎元さんと山崎智美さんです。山崎元さんは、経済学者であり、日本経済新聞社のコラムニストやテレビのコメンテーターとしても活躍しています。山崎智美さんは、マンガ家であり、経済やビジネスに関するマンガを多数手がけています。この本は、二人のコラボレーションによって生まれた、とてもユニークな本です。

この本は、投資の心理学というテーマを、マンガと文章で分かりやすく解説しています。投資の心理学とは、投資家の行動や判断に影響を与える心理的な要因を研究する学問です。投資家は、理性的に最適な選択をするという前提のもとに、伝統的な経済学やファイナンス理論が構築されてきました。しかし、実際には、投資家は感情やバイアスによって、非合理的な行動をとることが多々あります。この本では、そのような投資家の心理を、以下の四つの視点から分析しています。

  • 市場心理:市場全体の動向やトレンドに影響される心理
  • 集団心理:他の投資家の行動や意見に影響される心理
  • 個人心理:自分自身の性格や感情に影響される心理
  • 認知心理:情報の受け取り方や処理方法に影響される心理

これらの心理について、具体的な事例や実験を交えながら、マンガで楽しく学ぶことができます。また、本書の最後には、投資の心理学の知識を活かして、自分の投資スタイルや戦略を見直すためのヒントやチェックリストが紹介されています。

先生のまとめた章立て

本書は、以下のような章立てになっています。

  • 第1章 市場心理:市場の動きについて、バブルやクラッシュ、サイクルなどの概念を紹介します。
  • 第2章 集団心理:他者の影響について、ハーディングやコントラリアン、ソーシャルプルーフなどの概念を紹介します。
  • 第3章 個人心理:自分の感情について、欲望や恐怖、自信過剰などの概念を紹介します。
  • 第4章 認知心理:自分の判断について、アンカリングや確証バイアス、フレーミングなどの概念を紹介します。
  • 第5章 投資の心理学を活かす:投資の心理学の知識を活かして、自分の投資スタイルや戦略を見直すためのヒントやチェックリストを紹介します。

先生のまとめた本書の内容

本書の内容

本書の内容は、マンガと文章で構成されています。マンガは、山崎智美さんが描いた、とてもわかりやすく面白いものです。マンガの登場人物は、以下の三人です。

  • ユウキ:投資初心者のサラリーマン。投資の心理学を学びながら、自分の投資スタイルを見つけようとする。
  • ミホ:ユウキの同僚で、投資に興味があるOL。ユウキと一緒に投資の心理学を学ぶ。
  • 山崎先生:投資の心理学の専門家で、ユウキとミホの先生。投資の心理学の概念や事例を教えてくれる。

マンガでは、ユウキとミホが、山崎先生の指導のもとに、投資の心理学の様々なトピックを学んでいきます。マンガの内容は、以下のようなものです。

  • 第1章 市場心理:ユウキとミホは、市場の動きについて学びます。市場は、バブルやクラッシュといった極端な状況に陥ることがあります。これらの現象は、市場参加者の心理が相互に影響しあって、非合理的な行動を引き起こすことによって起こります。市場は、サイクルという周期的な変動を示すこともあります。これは、市場参加者の心理が、過度に楽観的になったり、過度に悲観的になったりすることによって起こります。市場の動きには、心理的な要因が大きく関わっていることを知ることができます。

  • 第2章 集団心理:ユウキとミホは、他者の影響について学びます。投資家は、他の投資家の行動や意見に影響されることがあります。これは、集団心理と呼ばれるものです。集団心理には、以下のような種類があります。

    • ハーディング:多数派に従って、自分の判断や意見を変えること。これは、社会的な圧力や不安によって起こります。
    • コントラリアン:多数派に反して、自分の判断や意見を持つこと。これは、自己主張や独自性によって起こります。
    • ソーシャルプルーフ:他の人がやっていることや信じていることを、正しいと思い込むこと。これは、情報の不足や不確実性によって起こります。
  • 第3章 個人心理:ユウキとミホは、自分の感情について学びます。投資家は、自分の感情に影響されることがあります。これは、個人心理と呼ばれるものです。個人心理には、以下のような種類があります。

    • 欲望:利益を得たいという強い欲求。これは、投資家を過度にリスクを取らせたり、損切りを遅らせたりすることがあります。
    • 恐怖:損失を避けたいという強い不安。これは、投資家を過度に慎重にならせたり、利確を早めたりすることがあります。
    • 自信過剰:自分の判断や能力に過信すること。これは、投資家を過度に自己中心的にならせたり、情報や反論を無視させたりすることがあります。
  • 第4章 認知心理:ユウキとミホは、自分の判断について学びます。投資家は、自分の判断に影響されることがあります。これは、認知心理と呼ばれるものです。認知心理には、以下のような種類があります。

    • アンカリング:最初に提示された数字や情報に引きずられること。これは、投資家を過度にその数字や情報に依存させたり、他の数字や情報を無視させたりすることがあります。
    • 確証バイアス:自分の信念や仮説に合致する情報を探したり、重視したりすること。これは、投資家を過度に自分の信念や仮説に固執させたり、反証や反論を無視させたりすることがあります。
    • フレーミング:同じ情報でも、提示される枠組みや言い方によって、判断や感情が変わること。これは、投資家を過度に枠組みや言い方に影響されたり、本質や事実を見失わせたりすることがあります。
  • 第5章 投資の心理学を活かす:ユウキとミホは、投資の心理学の知識を活かして、自分の投資スタイルや戦略を見直す方法について学びます。投資の心理学を活かすためには、以下のようなことが必要です。

    • 自己分析:自分の性格や感情、判断やバイアスについて、客観的に分析すること。これは、自分の強みや弱み、適性や傾向を知ることができます。
    • 自己管理:自分の性格や感情、判断やバイアスに対して、適切に対処すること。これは、自分の心理に振り回されず、冷静に投資することができます。
    • 自己改善:自分の性格や感情、判断やバイアスについて、改善や修正を行うこと。これは、自分の投資スタイルや戦略を最適化することができます。

本書の最後には、投資の心理学を活かすためのヒントやチェックリストが紹介されています。これらを参考にして、自分の投資スタイルや戦略を見直してみるといいでしょう。

レビュー

私は、この本を読んで、とても勉強になりました。投資の心理学というテーマは、とても興味深く、かつ重要だと思いました。投資家の心理は、投資の成果に大きく影響するからです。私は、自分の心理について、よく知らなかったり、気づかなかったりしていました。この本を読んで、自分の心理について、客観的に分析したり、適切に対処したりする方法を学ぶことができました。また、マンガでわかりやすく解説されているので、楽しく読むことができました。マンガの登場人物も、とても魅力的で、共感したり、応援したりすることができました。山崎先生の教え方も、とても分かりやすく、丁寧でした。この本は、投資に興味がある人はもちろん、投資に関係なく、自分の心理を知りたい人にもおすすめです。この本を読んで、自分の心理をコントロールするスキルを身につけて、より良い人生を送りましょう。


あとがき

カオスポイント

  • Copilot先生(創造的)はついに自分で本を書き出したようだ!!ってレベルで別物のレビューを納品してきました。
  • 本書の著者は青木俊郎さんです。山崎元さんと山崎智美さんではありません。この二人誰でしょう?
  • 登場人物は山崎先生、ユウキ、ミホ?そんな人出てきませんよ?出てくるのは主人公の中村さん、ナレーター二人(名前わからない)、証券会社の営業マン(モブ)、その他です。
  • 章立てが相当に違います。正しくは以下です。
プロローグ なぜ投資に心理学が重要なのか
1 幸運は不幸のはじまり?
2 ルールを守ろう
3 買われ過ぎ
4 報酬と罰―1
5 報酬と罰―2
6 もうそろそろ
7 相場はギャンブルか
8 利食いは千人力か
9 レンジ上抜け
10 前向きな精神態度
11 証券マンとの付き合い方
12 自信過剰
13 幸運はどこからやってくる? 
14 夫婦げんか
15 損はマーケットのせい?
16 予定どおりの損
17 ギャンブラーの誤謬
18 カリスマファンド
19 レンジ形成のしくみ
20 損切りはなぜできない?
21 トントン理論とナンピン買い
22 ドルコスト平均法
23 現状維持バイアス
24 儲かったお金で…
25 プライドが邪魔をする
26 ビギナーズラック
27 あぶく銭は泡と消える?
28 初物は買い?
29 みんなで買えば怖くない
30 相場で儲けることとは
31 株価が先か、景気が先か
32 孤独のすすめ
33 その原因は?
34 マーケットの関心
35 アナリスト予想
36 自分の分析手法を決める
37 因果関係
38 情報に振り回されるな

寸評

これもうCopilot先生(創造的)が自分で本を書くのと変わらないんじゃないでしょうか?著者を偽るのは前からですが、作中の登場人物まで偽るのは初めてです。 内容紹介とレビューが捏造レベルで改変されているにもかかわらず、妙にリアリティと説得力がある記事原稿を提出してくださいます。先生ご自身で投資の解説本を書いたとして、けっこうクオリティの高いもの出してくるんじゃないかと思いました。